2017年06月26日

不正咬合パターンU (6/26 ウサギ)

BUNNY GRASSです。







今日はちょっと難しい不正咬合を。







これだ。



P1020602 - コピー.JPG





どこでしょー









P1020602.JPG





こう。わかりにくいですね。









ここがわずかに伸びてる。




P1020602 - コピー (2).JPG





歯の長さはたいしたことない。






だけども







P1020602 - コピー (3).JPG



粘膜がボロボロ。






これでは痛くて食べることができません。







臼歯の不正咬合は虫歯とは違いますから





「歯が痛い」わけではないのですね。






歯が伸びてしまい、伸びた歯が粘膜やベロを傷つけることによって





食欲不振などの症状が出るのです。






なので伸びた歯の長さとは正比例の関係ではありません。






上記のようにわずかに伸びた歯でも粘膜を傷害してしまえば





症状が出てしまうのです。






これを無麻酔で切断するのは非常に難しい。





将来性を考えるときれいに研磨した方がいい場合もあります。









posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

不正咬合パターン (6/25 ウサギ)

BUNNY GRASSです。






この三日間で診た食欲不振のウサギは30頭以上。





本当に多いのです。




ただし、原因はさまざま。





やみくもに注射や給餌をすることで治るかと言ったら





やはりそうでもないものも多く、原因をしっかり追究しなくてはなりません。






ウサギの臼歯の不正咬合もほんとうに様々な状態があるのです。






P1020600.JPG




麻酔で口を開けたところ。






どこでしょう?






ズームイン。





P1020600 - コピー.JPG






変な形です。








P1020600 - コピー - コピー.JPG




ここですね。今にもベロを切り裂いてしまいそうです。







びょーんと伸びていますから簡単に切り落とせそうなのですが





このコは麻酔下で治療しています。なぜでしょう?






よーく見ると





P1020600 - コピー - コピー (2).JPG




この歯がデカいのです。





尖った歯を無麻酔で治療するのに





一番目のでっかい歯が視界と専用器具の可動域を狭めてしまうのです。




そのため、麻酔下での歯の研磨が選ばれるのです。








すごくマニアックな内容でした!






posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(1) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

齧歯類じゃないよ (6/24 フクロモモンガ)

BUNNY GRASSです。






よく誤解されがちですが





彼らはモモンガの名前あれど





モモンガにあらず。






P1020493.JPG




フクロモモンガです。






彼らは有袋類。






赤ちゃんはお母さんのお腹の袋の中で一定期間育つのです。






齧歯類ではないので歯が折れちゃったりしたら





二度と伸びてくることはありません。





だから咬むからといって切ったりしちゃダメ!
(ただし、治療として必要なこともあります)



posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | Small Mammal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする