2019年01月16日

ハムスターの変なダニ (1/16 ハムスター)

BUNNY GRASSです。









冬でもやってくるダニの仲間。

血を吸うダニ、皮膚を喰い破るダニ、

皮脂を食べているダニなど色々な種類がいるのです。





種類が異なるので習性も異なるし、病害も変わってくるのです。







あまりイメージが湧きませんがこれもダニ。





AMBA0014.JPG






ポツーンと。







これです。





AMBA0014 - コピー.JPG






ニョロニョロした変なやつです。


ニキビダニといいます。





とても獣医師泣かせなのが

検出率が低い点。

本当は身体にくっついているのに

検査で見つけることが難しいのです。








こんなのもいる。


AMBA0015.JPG






細長ニョロ。




AMBA0015 - コピー.JPG








さらっと写真を紹介していますが

診察で見つけるのは本当に難しいのですよ。












posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | Small Mammal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

急患増えています (1/15 鳥)

BUNNY GRASSです。








この季節、鳥の来院が多くなっています。

鳥の種類、症状も様々ですが

来院比率が高いのが

セキセインコ、オカメインコ、ブンチョウなど。
(これらはもともと飼われている数も多いですね)






特に、見えないところで抱えていたものが

気温変動による免疫低下で

はじめて発症してしまう





つまり、こないだまで元気だったのに

急に具合悪くなってしまった・・・






こんな発症メカニズムが考えられます。








疾患としては

メガバクテリア(マクロラブダス)

マイコプラズマ

ボルデテラ(細菌の一種です)

クラミジア(オウム病と呼ばれるやつです)

肝リピドーシス(オカメで多発しています!)

痛風(人と異なり鳥では腎不全です)

PBFD(ウイルス病です)

このあたりが

ここのところ流行っています。






どの病気も外観からは分からないものですので

食欲や活性などわかりうるものはチェックしてください。






P1140731.JPG





重度肺炎から復活しました!!





P1140734.JPG









posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月14日

立っても座っても高さ変わらない (1/14 ハムスター)

BUNNY GRASSです。








寒さを起因として・・・・と

予測していたとおり

急な食欲不振による来院が続いています。







寒いことで最も警戒したいのが

ハムスターの低体温症。

生命の危機に直結する致死率が高いものなのです。

疑似冬眠などと呼ばれることもありますが

寝ているだけと思ったらいつの間にか・・・

なんていう恐ろしいことも。

急激な室温の低下には十分気を付けてください。








P1120601.JPG




温室でぬくぬく。









P1120599.JPG





よーく見ると

決して立ち上がってはいませんね。

無精者です。








posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(1) | Small Mammal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする