2020年11月30日

こんなところが違います (11/30 ウサギ)

BUNNY GRASSです。










今年は避妊手術の依頼が多いです。

病気の予防のために取り組むのはとてもいいと思います。

なかなか解明が進んでいないウサギ獣医療ですが

子宮の病気が多く、ほとんど悪性のガンということは

もうわかっています。






犬や猫をメインに診ている先生から

ウサギの避妊手術のコツを教えてほしい

なんて聞かれることがあります。





もちろん気を付けたいポイントはたくさんあるのですが

手術手技を考えると

その組織の脆さがポイントになるかもしれません。

引っ張ると卵管や子宮が断裂してしまうことがあります。








P1070102.JPG






キレイな若いウサギの子宮です。









P1070102 - コピー.JPG






矢印。






じつは卵管は長く、たたまれるようにして位置しています。

ここがちぎれてしまうと

卵巣遺残

なんてとんでもないことにもなりますから

そおっと

取り扱うのがポイントです。














posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月29日

ルリちゃん (11/29 鳥)

BUNNY GRASSです。














やっぱりいつ見ても素晴らしい鳥。




20201127_091505.jpg









花鳥園や動物園でおなじみの

ルリコンゴウインコです。







気は優しくて力持ち。











20201127_091510.jpg



キリッ










遺伝子検査のために来院しました。

だいぶ緊張していましたが

すぐに打ち解けてくれました。





posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月28日

写真では伝えられない難しい歯 (11/28 ウサギ)

BUNNY GRASSです。












日常的に診察するウサギの臼歯の不正咬合。








伸びているのを切る、削る






言葉にすれば一言なのですが






むずかしい。







当院では明確に麻酔で治療する場合と

無麻酔で治療する場合と

条件を設けていますが、

これもまたすべてが一様にはならないので

むずかしいのです。






P1070061.JPG





これ。





P1070061 - コピー.JPG





ここが障害をもたらしています。

とがった歯が伸びて頬の粘膜を傷だらけにしています。





パっと写真だけでは

無麻酔で簡単に切れそうです。






ところがこのケースは麻酔をかけています。






このコは900グラムもない小型の個体。

さらにおさえることによって

ゼエゼエ息切れして開口呼吸になってしまいます。

麻酔よりも危険ということで

眠ってもらっている間に短時間で処置しています。





いろんなケースがあります。









posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする