2015年02月05日

注意報

BUNNY GRASSです。



今日は積雪との予報も出ています。



温度変化の激しいこの季節、体調急変した動物たちの来院が続いています。


ウサギの急性胃拡張

重度うっ滞

インコのメガバクテリアなど



生命を脅かす病気がまれではありません。

急性胃拡張は進行がとてつもなく早く、

うっ滞やメガバクテリアは初期は動物が元気で活発なので

「様子を見ていた」などと見落とされがちです。

しかし、普段から常に食している動物が食べないというのは

やはり異変なのです。

ガンや不正咬合と異なり、完治が目指せる病気です。

それでも病態が進行してしまうと

救急病院でも専門病院でも治療は非常に困難です。

カギはやはり早期発見早期治療なのです。

来院のための移動ストレスも悩む季節ではありますが

そのコが出しているサインを見落とさないように

注意していただければと思います。

posted by BUNNY GRASS at 08:29| Comment(3) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする