2017年04月30日

手ごわい膿瘍 (4/30 ウサギ)

BUNNY GRASSです。






当院はゴールデンウィークも診療中です。







ほんとうにイヤなウサギの膿瘍。




「膿瘍」というのはイヌやネコにもみられる病気で、




「うみのかたまり」のことです。




膿は細菌感染ですから消毒や抗生物質が有効のはずです。




ところがウサギの膿瘍はなぜ治りにくいのでしょう?



ちょっと簡単にまとめてみましょう。



必見です。




まず膿が硬い。

濃くかたい膿は体外へ排出しにくいのです。




次に膿瘍の壁が分厚い。


膿が外へ排出されるのを防御してしまいます。





さらにウサギは使える薬が限られている。

お腹に微生物を有するウサギは使用可能な抗生物質の種類はわずかです。





さらにウサギは薬剤の血中濃度が上がりにくい。

患部に薬剤が届きにくいのです。





ウサギはストレスに弱い。


ストレスは免疫力を低下させますので、感染症である膿におかされやすくなるのです。






P1010681.JPG



やっかいではあるけれど、戦う方法はあります。





当院の方針は完治が望めないのならば、





ウサギの苦痛をとにかく最小限に!




何年も頑張っているコたちがたくさんいます!







posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

ゴールデンウィークも通常診療です (4/29 鳥)

BUNNY GRASSです。




さあ、ゴールデンウィーク突入ですね。




当院は例年通り無休で診療を続けております。






最近登場機会の多いオカメインコ。





P1010410.JPG





迎えたばかりのコも多く、健診は必須です。





ほぼ毎週誰かは緊急来院する「血が出た!」のケース。




P1010377.JPG





すぐに出血が止まればいいのですが、




あまり軽視できないことも。





オカメインコはその鳥の性質上、




パニックを起こしやすく、急に飛び立つことで




ケガをしやすいと言われています。




実際に診察件数も多いことがこれらを証明しているとも言えます。




羽軸が折れてしまったケースでは




身体の止血機構が働きにくいために注意が必要です。




P1010378.JPG




こういう場合は止まったと思っても容易に再出血することも。





なるべく早めにご来院ください。





posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

穴場・・かもしれない (4/28 金魚)

BUNNY GRASSです。







葛飾区及び三郷市にお住まいの方は知っているであろう





水元公園。





23区では最も大きな公園で、自然がまだまだ残されています。




私は空いた時間にここで生き物を探すのが




ほぼライフワークと言っても過言ではないのですが
(是非は別として、野良ウサギもたくましく生きています)




最近はまるで時間がない・・・・




さて、この水元公園、





完全な自然ではなく、管理された優れた施設もたくさんあります。




その一つが金魚の展示場。




ここで作出された品種も存在するのは金魚マニアには有名な話。




見学はタダなのでぜひ見てみてください。




テーマパークをイメージするとがっかりしますので注意!




そういう場所ではありません。




ガチで金魚の繁殖をしていますので




アメニティとかそういうのは求めないでください。




でも貴重な品種がいますし、青い金魚とかは珍しいですよ!




金魚琉金水元 - コピー.png



こうやって品種別展示。しかも野外。






金魚当歳.png




金魚はじつは本来は上から見るものなのです!







posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(2) | おさかな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする