2017年04月02日

白と黒白 (4/2)

BUNNY GRASSです。




世の小動物病院に来院する動物で最も種類数の多いグループは




やっぱり鳥ではないでしょうか。




大きいのから小さいのまで。




一般的な種から希少種まで。




猛禽類から家禽、水禽、インコ、フィンチまで。






P1010072.JPG





誰かが来たよー




雌雄かな?









P1010071.JPG




シロハラインコとズグロシロハラインコでした!




これらの鳥は長ーい付き合いになりますから




伝染病のキャリアになっていないか、




遺伝子検査をおススメしています。




身体検査だけではわからない病気が多いというのが




非常に悩ましいポイントなのです・・・





posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする