2017年04月08日

これもハリーアップ! (4/8 ハリネズミ)

BUNNY GRASSです。
(今日も手術写真!)





先日のモルモットの子宮疾患がすごい反響だったため




もう一つイマイチ知られていないやつを。












またこれ。




P1130762.JPG




先日のモルモットの回と同じ構図。





腫れあがった子宮の写真です。








その持ち主は・・・・











この動物です!
(上の手術写真とは違うコです)







10.JPG





とげとげ。




ヨツユビハリネズミですね。





この動物にも子宮疾患があるのです。





悔しいのが2歳ぐらいの若いコでも罹患してしまうことも。








主たる症状はやはり血尿です。




ただし、これも血尿に見えているだけで




不正出血なのです。




おっかないのが貧血が進行しない限り、




ハリネズミ自身は元気なことが多かったりします。




バクバク食べてちょこちょこ走る。




見過ごされやすいとも言えます。







注意しなければならない点は





ウサギやモルに比べてさらに小さい動物ということ。





ちょっとした出血でも大事態になりかねません。




早急な対応が必要です。




外科的手術にのぞめば、その後は元気なことも多いのが




ハリネズミの子宮疾患の特徴です。



posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | Small Mammal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする