2017年04月12日

子宮疾患をもう一度考える (4/12 ウサギ)

BUNNY GRASSです。
(臓器写真があります)






ここのところ毎日のように子宮摘出手術が続いています。





季節は関係ない疾患ですから




やはり潜在的に疾患に陥っているコが多いということにもなりそうです。




「病気になってから取ればいい」




といった考え方が飼い主さんの間で




ささやかれていた時期もあったかもしれませんが




当院も5年を経て




子宮がんを摘出したコたちが




いよいよの局面を迎えているケースに遭遇するようになりました。




時間を経ての遠隔転移や胸水の貯留、局所浸潤などです。




上述の「病気になったら〜」云々は




緊急の不正出血に対する処置ということであって




がん細胞に対してはなんら対策が行われていないのです。




ウサギ医療はまだまだ未解明のものも多いです。




それらをひも解いて解明していくのが私ども獣医師の使命ですが




すでに分かっていることはやはり取り組んでもらえたらと考えています。








P1000480.JPG



P1000621.JPG



P1010246.JPG



P1010370.JPG



二日間で取り組んだ手術の摘出した子宮です。




いずれのコも症状はありませんでした。




四分の二でガンでした・・・





この率をどう見るか、




私どもは情報提供はします。疑問解決にも協力は惜しみません。




最終的に決断は家族がしなければならないのです。










posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする