2018年05月21日

ガマグチ!! (5/21 カエル)

BUNNY GRASSです。













でっかいくち あーん





P1070022.JPG





ほぼ顔全部がくち。











おかげで異物誤飲の事故が多いのです。





P1070030.JPG





口の中からマグネット(水温計を留めるやつでした)。












P1070033.JPG





とりのぞいてスッキリ。





事故は気を付けましょう!

カエルは動くものに飛びつく習性があるので

飼育ケースに物を落としたりすると

ぱくっと

一瞬で起こります。










posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(1) | Reptiles&Amphibians | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

いろいろなうみ (5/20 ハムスター)

BUNNY GRASSです。










「膿瘍」とは膿(うみ)のかたまりです。

大きな袋状になって大量に貯留してしまうことがあります。

おなかの中にできる腹腔内膿瘍。

胸の中では膿胸。

ウサギやモルモットで多発する根尖膿瘍。

多くの膿は細菌感染によって発生しますから

薬で速やかにやっつけたいところですが

大量に貯留している場合は膿を出して

量を減らすことがまず第一に必要なケースがほとんどです。









図7-2.JPG





ハムスターから抜去した膿です。

注射器の中に白いのがありますね。

ハムの膿はやっつけやすいこともあるのですが

なにぶん身体の割にとんでもない量が発生しますので

身体への影響が大きいのです。









P1070060.JPG





ウサギの膿です。

ウサギの膿の特徴はとにかく固いこと。

薬がとても効きにくいのです。

これもやはり排出して物量を減らすことが重要とされています。







他にも

モルモットでは薬の副作用が強いとか

爬虫類では固形状になるとか

鳥では腎不全と混同しやすいとか

同じ病名であっても動物種によってさまざまなのです。









posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | Small Mammal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

鳥の中までのぞいてみると (5/19 鳥)

BUNNY GRASSです。








当院で行っている健康診断は様々なものがあります。

そのひとつがレントゲン。

数秒で検査が終了するのにもかかわらず有益な情報が詰まっていますので

推奨したい検査の一つです。







P1080733.JPG





ちょっと大きめのセキセイインコ。

獣医師が評価すると色々とコメントすべきところが散見されますが

今回の問題はココ。







P1080733 - コピー.JPG




わりとわかりやすいですね。

この白いのがなかなか厄介です。

こればかりはレントゲンでないとわからないものなのです。














posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする