2018年08月01日

膿のバリエーション (8/1 ウサギ)

BUNNY GRASSです。







悩ましいウサギの膿瘍。

非常に治りにくい疾患の一つです。

治癒しにくい理由の一つに膿の粘稠度が高いことが挙げられます。
(ドロドロ具合がとても固いということ)






図9-1.JPG






もはや流れ出ることをしてくれません。

ぎゅうっと絞り出すように排出しなくてはいけないのです。

薬が効きにくい性質を持っていますから

物理的な排泄が必須となります。









いっぽう、






P1100019.JPG






ときおり水っぽい膿もあります。

これはわりと排膿や消毒、投薬が効果的な印象があります。
(これはあくまで当院の経験論です)

ただ、膿瘍が破裂すると強い痛みと腐敗臭がひどいので

早めの対応が必要なケースが多いです。












posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする