2018年08月23日

また子宮疾患 (8/23 ウサギ)

BUNNY GRASSです。









ここのところまた増えている子宮疾患。

なにも手術毎に紹介しているわけではありません。

8月はほぼ毎日のようにおこなっています。

例年8月は手術の日程がスカスカになることが多いのですが
(夏場は避けたがる飼い主さんが多いのです)

今年は激増です。








そう、するどい方は気付かれたかもしれません。





「緊急手術」になっている例が多いのです。

涼しくなってから・・・などと言っている場合じゃない状況

ということですね。




ウサギの子宮疾患はそういったケースになりうる病気です。







P1100360.JPG




このコは手術は成功していますが

子宮の形状がもう原型ないですね・・・






避妊手術をしようか迷っているうちに

巨大化してしまったり、出血多量を引き起こしたりすることがあります。
(必ずなるわけではないですがここのところ続いています!)





今は手術に踏み切れないとしても、定期的なモニタリングはオススメします。
















posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする