2018年09月02日

危険! ・・かな? (9/2 爬虫類)

BUNNY GRASSです。










20180829_141611.jpg









近所の公園にもとうとう出たようです。

飼われているカメが捨てられるというのは

昔からある事例ですが

カミツキガメはとっくの昔に飼育禁止になっているので
(厳密には許可制になっている)

あまり小さな個体が捨てられることはないと思うのです。
(許可証が交付された時期から考えると大きくなってしまっているはず)

さて実態はどうでしょうか。






それよりもこの時期から危険なのはスズメバチですね。

夏終盤は活動が活発になりますから都市の公園でも注意です。

室内飼いの動物たちはまず大丈夫だと思いますが・・・・




むかーし、スズメバチに襲われた犬の診察をしたことがあります。

ヒトで言われるようなアナフィラキシーが起こりますので

危険なのです。





それに比べると

見つけることさえ難しいカミツキガメに噛まれるおそれなど

微々たるものです。

これ、困ったことに外来種問題として提起した表記ではないんですね。




この公園は在来種がいっぱい生息しているよ、それらと競合してしまう

外来種が入ってきてしまってはまずいんだよ





ではないんですね。

ただ危険を煽ったものです。

とりあえずの優先順位としては人への実害を考えて

このような表記から取り組まざるをえないんでしょうが・・・

こういうのはそれぞれの人の立場もあるでしょうから難しいですね。











posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(1) | Reptiles&Amphibians | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする