2018年09月09日

一般向け講習会のお知らせ (9/9 日記)

BUNNY GRASSです。











夜間看護がとまりません。






ウサギの胃拡張、肝障害、子宮出血

小鳥の急性消化器障害

モルモット、チンチラのうっ滞

ハムスターの呼吸器障害




このあたりが非常に多い疾患となっています。

症状が必ずしもわかりやすいとは限らず、

重篤な病態へと進行してしまうこともあるため

ちょっとした異変に注意してください。










本日は現時点で分かっている飼い主さん向けセミナーの日程をお知らせします。




9/30(日) 東京ラビットクラブ 13:00〜

消化器疾患について講習する予定です。

ウサギ獣医の間ではいまや「毛球症」

という言葉はほとんど使用されていません。

その理由をお話しします。





10/21(日) 千葉屋鳥獣店講習会 13:00〜

小鳥の一般的な病気や事故についてです。

第一回とほぼ同じ内容になる予定ですので

既参加者はご注意くださいませ。






11/17(土) うさフェスタ 時間未定

当ブログでも取り上げたことのある「潜在性疾患」について

まとめる予定です。潜在性疾患は特定の病気を指す言葉ではありません。

怖い病気がたくさんあるので、ぜひ知ってほしいものです。






詳細は決まり次第お知らせしていきます!

当日も病院は通常診療中です。

私も会場から帰院しだい、診察を担当いたします。
(これは例年恒例です)

夜間看護のスキマ時間にスライドを作っています・・・











image1.jpeg



チンは出番なし!










posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする