2018年11月01日

ウサギの子宮いろいろ (11/1 ウサギ)

BUNNY GRASSです。









ウサギの子宮疾患は無症状のことも多いために

手術をしている時に異常が見つかることもあります。

超若齢での発生も知られていますが

やはり若いうちに取り組むと

手術自体の所要時間が少なくなるので

ウサギの負担は軽いと言えるでしょう。











P1120891.JPG





これは一キログラムに満たないコの子宮です。

年齢も若いために子宮に付着している脂肪が少ないですね。








このような場合だと手術時間は10分はかからないくらいで

終えることが可能です。

安全第一で、早ければいいというものでもありませんが

やはり負担はかけたくありません。



年齢が進むと子宮に脂肪がべったりとくっついて

非常に煩雑になります。

また、組織ももろくなることが知られています。
(出血しやすいととらえてもらってもいいと思います)















posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする