2018年11月05日

まだある子宮の病気 (11/5 ウサギ)

BUNNY GRASSです。











ウサギに子宮の病気が多いのは周知のとおり。

いろんな媒体で紹介もされているし、

ここでも何度も取り上げています。





今回はまた違うやつを。









手術中の写真です。




P1090985.JPG





かなり大きい子宮ですね。

それだけでも大変なのですが

これはここがまずいのです。








P1090985 - コピー.JPG





ここ。






拡大すると







P1090985 - コピー - コピー.JPG





巻き付いてしまっています。


子宮捻転といってねじれてしまう病気です。






これは非常に危険な疾患で

ねじれたままだと子宮を摘出することは不可能で
(大出血します)

無理やりほどくと

血流が急激に変わってしまい

心臓へのダメージが懸念されます。

かといってモタモしていると

全身麻酔中ですからそれだけでリスキーなのです。





この疾患も若いうちに避妊手術に取り組んでおくことで

予防することが可能です。











posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする