2018年12月08日

巨大な盲腸 (12/8 ウサギ)

BUNNY GRASSです。









どうして止まらないのか

ウサギの食欲不振による緊急来院。

この一週間で50頭ほど診ている状態です。

もともと頻繁に遭遇する症状の一つであるとは言え

ここまで集中したシーズンは初めてです。






治療が遅れるとまずいので何度でも取り上げます。





ここのところ重症度が高くなるのが

盲腸鼓張という状態です。

停滞した胃腸の内部にガスが発生してしまうのです。






P1130897.JPG





P1130898.JPG






黒い部分がガスですね。

クロワッサンみたいな形状になっているのは

盲腸に大量にガスが貯留しているからです。






ここですね。


P1130897 - コピー.JPG










横でみるとよりクロワッサン。




P1130898 - コピー.JPG









この状態に必須なのが



・補液

・薬剤

・給餌




これらが大きな柱です。





補液もいろいろな方式がありますし

薬剤もどの組み合わせにするかは

動物病院によって方針が異なることがあります。






まず病態(進行具合)を把握してもらってから

治療方針を相談してもらえるといいと思います。














posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(2) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする