2018年12月14日

とりはこれが多発中 (12/14 鳥)

BUNNY GRASSです。








先日は他院で出張診療でした。

そちらでも

ウサギの避妊手術

インコのPBFD遺伝子検査

ウサギの不正咬合

モルモットのうっ滞

セキセイインコの腹壁ヘルニア

など

ところ変わっても共通の病気がほとんどです。







ここのところ鳥ではものすごく多発しています。





P1140065.JPG







P1140066.JPG







卵が出てこない

卵詰まりと呼ばれているのは

獣医っぽく言い換えると「卵塞症」といいます。








冬場は非常に多い印象です。

治療で以前から言われているような

潤滑油をおしりにあてるというのは

効果がないばかりか危険なこともありますので

なるべく早くの受診を推奨します。







posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする