2019年05月21日

最近のウサギの歯 (5/21 ウサギ)

BUNNY GRASSです。











ウサギの不正咬合はいろいろパターンがあります。

ということは治療法も異なることがあるのです。







P1180855.JPG






こうやってのぞきます。

口をがばっと開けてくれれば楽ですが

あごの関節と筋肉がそういう動きに対応していません。

のぞき込むしかないのです。












P1180855 - コピー.JPG



拡大するとこう。








ここです。





P1180855 - コピー - コピー.JPG





黄色が歯並び。とがっています。



青丸が歯によって障害を受けたほっぺの粘膜です。



これが痛みを生じさせるのです。


ところがまれにこれでも食べることができる猛者がいます。

それでも体重減少や歯ぎしりなどの

症状が出てくることがほとんどですので

こういう場合は病院でチェックしてもらうといいと思います。











posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(1) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする