2019年06月04日

子宮疾患増えています (6/4 ウサギ)

BUNNY GRASSです。









季節性のないはずの疾患なのに

どういうわけかここのところ増えています。











P1200091.JPG








病気になっても手術ができればまだいいのですが

手術適応外というケースもあります。







それは潜在的に進行してしまっていて

転移所見がある場合です。








高齢のウサギが増えるに伴って

子宮疾患の症状はないけれど

転移した場所の症状が出てきた・・・・

なんてことが珍しくなくなってきました。






肺転移による呼吸困難

肝転移による食欲不振

骨転移による突然の骨折

など






重篤な症状がほとんどなのです・・・

これらを根本的に治療する方法は

まだ見つかっていません。











posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする