2019年11月21日

保温器具にも注意! (11/21 鳥)

BUNNY GRASSです。








この季節は保温に注意!

と何度も書いていますが

やけどにも気を付けてください。





熱くなれば自分で動いて他の所へ移動するだろう





というのは過信です。要注意。






シート型ヒーターによる低温やけどや

熱湯をケースに入れる湯たんぽタイプの事故が増えています。





熱による障害はその瞬間はなんともなくても

時間の経過とともに臓器障害が出てくることが

決して珍しくありません。












P1240263.JPG







熱湯を浴びてしまったオカメインコ。

日にちの経過とともにみるみる悪くなってしまいました。

こうなるととても時間がかかります。












来院時は瀕死の状態でしたが

だいぶ元気になってきました。







P1240307.JPG




ごはんをねだるようになりました。









posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月20日

ウサギの腫瘍 (11/20 ウサギ)

BUNNY GRASSです。









ウサギの体表にできる腫瘍は非常にさまざま。






P1120288.JPG








その腫瘍はいったいなんなのか?

悪性なのか?

良性なのか?

良性なら放置できるのか?

悪性ならもう治らないのか?





そもそも本当に見ためで腫瘍と言えるのか?








こういうのを突き詰めていかなくては治療は困難です。




痛がっていないから

大きくなっていないから




このような理由で放置してしまうと危険なこともあります。

検査や治療をどうするか、できる限り相談してもらった方がいいと思います。











posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月19日

休刊だと・・ (11/19 日記)

BUNNY GRASSです。











P1240300.JPG








マニアックな皮膚科だけの獣医学雑誌が休刊になりました。

残念・・・

よく32回もできたものです。








お気づきの方も多いと思いますが

動物病院ってヒトの病院と異なり(ヒトの方でもあるにはあるのですが)

全科診療です。

皮膚科も眼科も小児科も整形外科も歯科も泌尿器も消化器もetc.・・・・

ぜーんぶやるのです。

その中で専門医制度が科によっては設定されてきていますが

まだまだ主流は全科診療です。

さらに当院のような形態だと

動物種が多いですから

さらに網羅しなければいけないものが増えるのです。



ウサギの皮膚からチンチラの歯、ハムスターの心臓

セキセイインコの生殖器、ミドリガメの腎臓など




このような動物の獣医学は

大学の獣医学部では習いません。
(6年も通うのに!)

















posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | Books、Toys、Goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする