2019年11月22日

アケボノです (11/22 鳥)

BUNNY GRASSです。








急な低温で急患が続出しています。

低温暴露によっておこるのは低体温症だけではありません。

免疫低下によって眠っていた病原体が暴れだすこともありうるのです。



ウサギのスナッフル、ツメダニ、梅毒、エンセファリトゾーン

小鳥のメガバクテリア、トリコモナス、ボルデテラ、PBFD




これらがここのところ毎日のように遭遇する疾患です。













P1240256.JPG





アケボノインコ。ひさびさです。

雛のうちは体重管理と病原体チェックがとても大切です。

このコも遺伝子検査まで実施しました!

鳥の病原体は顕微鏡でも見えないものも多いので、

重要だと思います!







posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする