2020年01月15日

新しくむかえたら D (1/15 ウサギ)

BUNNY GRASSです。








ちびウサギがたくさん来院しています。








皮膚の感染症である疥癬のチェックが終わったら

見ておきたいのは歯の並び。

特にネザーランドドワーフや

ホーランドロップなどの顔が丸っこい種類
(短頭種と呼ばれます)

は不正咬合の好発品種です。








P1250562.JPG





前歯の咬み合わせも重要。




ただし、あごの骨自体もまだ成長段階ですから

今後何回かにわたってチェックすることがオススメです。

幼少期は咬み合っていたのに

成長に従ってずれてきた・・・・

なんてこともあります。

これはお迎えの段階では分かりません。

もしずれてきても成長期なら矯正をかけることも

出来る場合があります。




ただ、あまりに小さい時は臼歯のチェックは

要注意。

検査器具であごを痛めてしまうこともあります。
(検査にもまだウサギが慣れていませんし)

せめて500グラムを超えたくらいでチェックした方が

無難だと思います。







posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする