2020年02月11日

またここのところ続いてます (2/11 ウサギ)

BUNNY GRASSです。









この季節は夜間看護が途切れません。

今年に入って、しなくて良かった日が一日もありません。

食欲不振には注意してください。









それ以外に季節性がない疾患が続いています。








P1250772.JPG







子宮疾患ですね。

本来季節とは関係のない病気なのですが

この冬はとても多くなっています。





不正出血や腹部膨満などわかりやすい症状が

出るケースというのは

じつはあまり多くはないのです。




潜在的に子宮が腫れてきて

健診で偶然に発見されるというケースが

当院では最も多いです。

現時点で症状が出ていなくても

のちにとても恐ろしい状態を生みかねないのが

ウサギの子宮疾患です。



その恐ろしさというのは

いろいろありますが、

とにかく

「治療法がなくなってしまう」

ということに集約されると思います。








posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする