2020年02月15日

スナッフル (2/15 ウサギ)

BUNNY GRASSです。








この時期多いのがウサギのスナッフル。

飼育書にも載っている著名なものですね。







じつはスナッフルというのは病名ではなく

くしゃみのことを指しているだけです。

病名にすると鼻炎や気管支炎などとなります。







このスナッフル、病気の重さが非常にさまざまです。

全くの無治療でよいこともあれば、

入院治療が必要となることも珍しくありません。





まず緊急かどうかは食欲をみてください。

スナッフルのせいで食べないかどうかは判定できなくても

食欲がない場合はどのみち要受診です。




食欲がある場合はくしゃみの程度も重要ではありますが

いつも観察できるとは限らないため

鼻の周りを見てみましょう。

濡れていたり鼻水がくっついているかもしれません。

やや下の角度から観察すれば

抱っこが出来なくても観察可能です。











P1250944.JPG




こんな角度で。(これは正常です)














調べるとパスツレラ症とかパスツレラ菌とかがヒットすると思いますが

菌の名前が分かったから治るわけでもありません。

そもそもそれ以外の菌や他の要素も関与していることがほとんどです。







異変をすばやく見つけることの方が重要です。












posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする