2020年02月17日

またでた (2/17 ハムスター)

BUNNY GRASSです。










昼夜で寒暖差がかなり出ています。

朝一番の食欲をしっかり観察してみてください。






そしてダニがこの時期もいます。

ダニは吸血性のもの、皮脂などを食べているもの、

皮膚を喰い破っているもの、まったく無害のものと様々です。

また、そのライフサイクルも

動物の身体の上で一生を過ごすのか

食餌のためだけに動物に寄生するのか

それだけでも防除の方法が変わってきます。








これ。







AMBA0002 (3).JPG







これはハムスターの身体についていたものです。

吸血性のダニです。

血を吸っているので身体が赤いんですね。

数十グラムしかないハムスターは

これだけで致死性の貧血を引き起こします。

血を吸われて命を落とすなんて

今の時代は絶対に防いであげたいですよね。






そしてハムスターの飼育環境を考えてみましょう。

屋外で飼っているなんてそうそうないですよね?







そう、室内で飼っていても感染するダニなのです。

外にいかないから・・・・

というのが関係ないのです。



ちなみに感染する動物は

ヒトもウサギもフェレットもモルモットもあります。

こういうダニの習性を「宿主特異性がない」と呼ばれます。






こわい話ばかりではありません。

治療も予防も可能です。

動物病院でしっかり相談してもらうといいでしょう。






posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | Small Mammal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする