2020年08月31日

たまご (8/31 カメ)

BUNNY GRASSです。














今年は気候のせいか卵の問題がとても多いです。








産まれない、食欲不振などが多い症状ですが

肝障害や腎障害まで進行してしまうこともあります。

特に鳥や爬虫類は総排泄腔という出口を持っていますから

そこを卵がふさいでしまうと

あっという間に重篤な状態になってしまうことがあります。












P1040202.JPG







甲羅を持つカメは

卵をおなかに持っていても

外観からはわかりませんから
(インコではおなかが膨らんでいるのがわかります)

異変に気付いたら早めの受診が推奨されます。




posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(1) | Reptiles&Amphibians | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月30日

また子宮のはなし (8/30 ウサギ)

BUNNY GRASSです。











ウサギの子宮の話は尽きません。








P1040207.JPG








こんな子宮とか







P1040126.JPG





こんな子宮。










P1040207 - コピー.JPG





このコは子宮も大きいですが

左右の卵巣の大きさが異なっています。

これだけで悪性良性を示唆するものではありませんので

詳しい検査がさらに必要です。











P1040126 - コピー.JPG





このコは子宮は既に悪そうな感じがするほど

大きく硬いのですが

子宮に付着した脂肪が黄色くなっています。

これも詳細な検査が必要です。

















posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月29日

疑わしきはあげない (8/29 ウサギ)

BUNNY GRASSです。











残暑残暑残暑。めちゃくちゃな暑さです。

空調チェックをお願いします。










さて、診察室でよーく聞かれることに

どんな野草をあげても大丈夫か?

というのがあります。



当院の回答は表題通り。

疑問に思うくらいならあげない方が無難じゃないでしょうか。







植物の有害成分はわかっているもののそうでないものが極端です。

そして動物種によって害の程度が異なります。

これを「感受性の違い」といいます。

例えば薬だとある種の解熱剤は犬では吐血して危険な状態になります。

別の解熱剤は猫では意識が低下して朦朧になります。

ウサギではわかっていないことが多すぎます。





野草を食べたくらいで・・・

と思う気持ちもわからなくはありません。




が、診察室で明らかにそこから調子を崩したケースに

たくさん遭遇しています。

観葉植物の誤食も要注意です。

ニラもぱっと見、生牧草に似ていないこともありません。




ウサギの誤食が怖い大きな理由は

吐かせることが出来ないこと。

どんなに大量に摂取してしまった場合でも

解毒治療しか方法がありません。

改めて気を付けていただきたいです。







20200826_071616.jpg





超有名なやつ。

長野の山にて。







トリカブトです。








posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする