2021年02月19日

この寒さは注意 (2/20 日記)

BUNNY GRASSです。










もはや極寒です。

急患が相次いでいます。





ウサギでは急性胃拡張。

子宮出血(本来寒さとは関係ない)。

鳥の卵トラブル。
(かつてないほどに多発しています)

ハムスターやデグーの低体温症。







ウサギでよく

耳が冷たい

というのが

バロメーターとして紹介されているようですが

それだけでは判断基準としては乏しいです。

寒いだけでも冷たくはなるからです。






警戒しなければいけないマズい冷たいというのは

全身の循環不全による血圧の低下です。

身体の端っこである耳に血液のめぐりが

悪くなってしまった状態です。






どう見極めるのか?








ズバリ、こんな難しいこと見極めなくていいです。









循環不全によって耳が冷たくなるような状態では

ごはんを食べることができなくなります。





日頃食欲を気を付けてみてほしいというのは

ここなのです。食べているかどうかはチェックです。

耳の温度に関係なく食欲不振は見逃してはいけません。





また、重度循環不全が起きているような状態では

咀嚼をする力すら残っていないことがありますので

むやみに強制給餌をすると、誤嚥の可能性が高くなります。




posted by BUNNY GRASS at 00:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする