2021年03月31日

こんな奥歯 (3/31 ウサギ)

BUNNY GRASSです。









当院ではウサギの臼歯不正咬合の治療は

麻酔下と無麻酔での治療がここのところ

2:8くらいでしょうか。

週や月によっても結構変動しますが。





まずは今出ている食欲不振などの症状を

改善させることが一番の目的ですが

長ーい目で見ると

無麻酔の治療にもデメリットがあったりします。

当院はできる限り先を見据えた治療をご提案しています。

歯の治療はどうしても続いてしまうものですから。




P1110080.JPG





この歯などは無麻酔でも切ることのできる形をしていますが

本数の多さとウサギの年齢を考慮すると

麻酔下での治療を選択しています。








posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月30日

とても多い精巣腫瘍 (3/30 ウサギ)

BUNNY GRASSです。











イメージよりも実際はずっと多い精巣腫瘍。



P1110086.JPG









他の疾患と比較して

際立った症状が出にくいのも特徴の一つ。

その特徴こそが発見を遅らせるとも言えます。



情報が非常に錯綜している疾患ですので

かかりつけの先生とどのように向き合っていくかを

じっくりと相談してもらえるといいと思います。




加齢に伴って罹患する確率は上がっていくわけですが

麻酔リスクも当然上がってしまいます。

若いうちの去勢手術を検討するのも

ひと昔より前よりは

重要かもしれません。







posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月29日

にょろにょろ (3/29 ヘビ)

BUNNY GRASSです。










来院する爬虫類の中では比率は少ないですが

コンスタントに診察機会のあるヘビ。




P1090920.JPG









他の動物と同様に様々な病気に罹患するヘビですが

多いのが生殖器の病気。

鳥と同じように卵詰まりもあります。




あとは感染症。

文献的にはウイルス疾患が多いので悩ましいですが

ダニの感染など対処が可能なものもたくさんあるので

早めの対策が重要です。







P1090918.JPG












posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | Reptiles&Amphibians | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする