2018年01月13日

寒さにご用心 (1/13 すべてのどうぶつ)

BUNNY GRASSです。



夜間看護に張り付いています。





天気はいいけど寒さがきつい。




DSC_0810.JPG






明日も寒くなるそうです。






食欲は全ての動物で注意。

特に草食動物は常食ですから食べないのには理由があります。

鳥も猛禽類は例外ですが一般的な飼い鳥は常食のものが多いですね。



小鳥では卵詰まり。

お腹に卵が触ることができてから24時間産まれないと

マズイと言われています。寒い時期は産まれにくいことが多いです。



インコに限ると痛風。

鳥類では痛くなるだけではなくて腎不全です。

これも寒さで悪化。



ハムスターは疑似冬眠。

低体温症ですから命に関わります。




チンチラは寒さには強いはずですが

寒暖差が激しいとやっぱりこたえます。




フェレットはインフルエンザ。

ヒトからフェレットへ。

フェレットからヒトへ。

フェレット間もあります。




キンギョも水温変化はストレッサーになるので

様々な病気の引き金となります。






あと最近骨折症例が多いです。

季節とは関係ないはずですが予防線を張りましょう。

踏んでしまった、挟んでしまった、同居動物にやられたなど。

暖房器具が多いこの時期。

コード類を齧って起こる感電事故にも注意です!






posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
にちにち、動物達の為にありがとうございます!
バニグラ通信、為になる情報が沢山💡読んだ後に何だかホッとします。
どんな子にも癖や性分有りますね(^_-)
診察時に、些細なことも伝えることが大切とわかりました(^^)
Posted by girko at 2018年01月13日 12:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: