2018年05月06日

ウサギの歯の検査診断治療 (5/6 ウサギ)

BUNNY GRASSです。







ウサギや鳥やフェレット、ハムスター、モルモット
デグー、チンチラ、爬虫類など(つまり当院で診ている動物)



これらを診察する全国の動物病院の獣医師が集まって

セミナーをやったり、治療法を話し合ったりする

「エキゾチックペット研究会」という会があります。





その今夏に開催される会に光栄にも招かれました。

なかなか荷が重い役割ですがやり遂げなくてはいけません。

勉強会を一緒にやっている先生とディスカッションをたくさんおこなって

夏に備えています。








P1050686.JPG




この数ミリしかない歯のかけらが

いったいどの場所の歯で

どれくらいウサギに傷害を与えて

どのように診断して

どのような道具を使って

どのくらいの長さを

どのような角度で

切るのか?削るのか?

その後にどのようなケアをするのか?

薬剤を使うのか?使わないのか?

使う場合はどの薬を?

どのくらいの量で?

どれくらいの期間?



たった少しの歯のかけらに対してとことん議論されるのです。






posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(1) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふ〜〜〜〜〜〜〜〜ん
まぁ それだけ頭のなかに
「この数ミリの歯のかけらが
どの場所の歯で
どれくらい傷害を与えて
どのように診断して
道具を使って
どのくらいの長さ
どのような角度で
切るのか?削るのか?
その後どのようなケアをするのか?
薬剤を使う?使わない?
使う場合はどの薬?
どのくらいの量?
どれくらいの期間?
たった少しの歯のかけらに対してとことん議論」
をするほど考えられるならば
たいしたことで

Posted by at 2018年05月06日 01:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: