2018年06月05日

血液に潜む (6/5 ウサギ)

BUNNY GRASSです。









ウサギの血液検査。




当院でも実施機会の多い検査ですが

まだまだ未解明のこともあります。

イヌやネコでは炎症マーカーや心臓病マーカー、

内分泌検査(ホルモン値測定)、

さらにはアレルギー検査など

いろいろと可能になってきています。

でもウサギや鳥・その他の小動物ではこれらはまだできません。




「ご飯を食べない」という症状は

ほぼ毎日のように遭遇する症状でありますが

その他の症状に乏しいウサギでは原因はいろいろ。

潜在的に進行している他の病気があることも珍しくありません。

それらをピックアップするために検査が必要なこともあります。












P1120020.JPG







採った血液を遠心機にかけて分離したもの。

上澄みが赤いですね。

急速な進行が懸念される非常にマズイ状態です。

出ている症状は食欲不振のみ。










P1140213.JPG





こちらは白いですね。

これは高脂血症を意味します。

ウサギに限らず草食動物では緊急事態です。

症状はやはり食欲不振のみしか出ていませんでした。









posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(2) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもお世話になっております
最新医療が小動物にまで、嬉しいです!
ドラマでは神の手、医療ロボットなど面白見てますが、自分は神の手なら、神の運命を信じるほう(^^;
赤髭先生のような、進藤先生を尊敬しています
(勝手にたとえをしてすみません。)
Posted by girko at 2018年06月05日 08:55
高脂血症の血、上の白いのは脂肪でしょうか?
凄い量ですね( ゚д゚)ハッ!
Posted by にゃんちゅう at 2018年06月07日 07:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: