2018年06月11日

急性胃拡張の病態 (6/11 ウサギ)

BUNNY GRASSです。








多発しているウサギの急性胃拡張。

発症は突然です。前兆はほぼありません。

進行もとんでもないスピードのことが多いです。





突然の食欲不振。

排便停止。

眼がうつろ。

皮温の低下(耳が冷たい)。





これらの症状が重なった場合は病院へ行った方が良いと思います。

この急性胃拡張でなくても重篤な症状と考えられるからです。








P1090042.JPG








急性胃拡張のレントゲンです。

病態の進行把握のためには触診だけでは難しいと思います。










P1090042 - コピー.JPG





円が拡張した胃のライン。パンパンです。

矢印の方向へ膨らんでいくので苦しいのです。痛いのです。

そのうえまずいのが黄色やじるし。

この方向に大きな血管が走行していますから

そこを圧迫、せき止めてしまいます。

そのために全身の循環低下、血圧の低下が起こり

多臓器不全へと進行してしまうことが多いのです。










posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: