2019年07月20日

ギリギリセーフ (7/20 ウサギ)

BUNNY GRASSです。







毎日診察するウサギの臼歯の不正咬合。









今日は本当に間一髪の例を。




これ。




P1220172.JPG











ここがこう。








P1220172 - コピー.JPG





めちゃめちゃとんがっていますが

ベロに傷は形成されていません。

ギリギリ間に合ったケースです。

こうなるといつでも

ベロが切り裂かれて食欲不振になるか見当が付きません。





このコは7年間ずっと診てきて

はじめてのことでした。

歯を治療した経験が全くないのです。

飼い主さんは

「なんか変な気がする」

といって連れて来られました。

確かに傷がなければ臨床症状がはっきりするものではないと思います。

飼い主さんの「なんか」は大事だと当院はとらえています。

毎日見ているわけですからね。

定期的な検診が重要であると考えさせられるケースでした。









posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: