2019年07月22日

日常的な子宮疾患 (7/22 ウサギ)

BUNNY GRASSです。













ウサギに子宮疾患が多いことはここでも何度も出てきました。






ではどのくらい多いのか?

ある論文では
(ウサギ獣医が目にする最も有名な論文)

繁殖経験に関係なく

4歳以上で80%となっています。

子宮ガンの場合は血行性の

肺や肝臓、骨への転移は1-2年で起こるとされています。





これは当院の経験論ではなく、論文です。





P1160925.JPG






手術に踏み切れない方は相談をしてみたらどうでしょうか。

回数を重ねてもいいでしょうし、

他の病院へ思い切って聞きに行くのもいいと思います。







posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: