2019年08月26日

有名だけど難敵です (8/26 鳥)

BUNNY GRASSです。









鳥の飼い主さんには浸透してきたメガバクテリア。

マクロラブダスというのが正式な名称です。








AMBA0006.JPG








これですね。







AMBA0006 - コピー.JPG






顕微鏡で検便をすると見つかります。







治療法も確立しつつあるので

以前よりも怖い病気ではないと書籍などには書いてあったりします。






ところがそうも簡単にはいかないというのがこのメガバクテリア。







まず、鳥の状態が落ちてしまっていると

ぐっと救命率が下がります。

嘔吐、体重減少、食欲廃絶など非常に重篤な症状が出ます。

この場合の治療はメガバクテリアをやっつけるだけでなく

対症療法の徹底が必須です。







さらに診断法。

検便で診断可能なのは事実なのですが

顕微鏡で見ているその便に

メガバクテリアが排菌されていないとシロと診断されてしまいます。

鳥の身体の中にはまだ菌がいるのに・・・見逃されてしまうのですね。

そのため繰り返しの検便が有効なのです。







posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: