2019年11月10日

低血糖に注意 (11/10 チンチラ)

BUNNY GRASSです。












タイトルの低血糖とは病名ではありません。



血糖値が病気によって上がらない

糖新生が不十分


などの理由で身体を動かすことが出来なくなったりします。




フェレットではインスリノーマという病気が有名ですが

小動物では幼体で起こることが非常に多く

低温や肝臓の消耗が激しいことなどが

原因となるとされていますがそのメカニズムは複雑です。




ここでは




ご飯を食べないこと

低温にさらされる



この二点で発症しやすいと覚えてください。






圧倒的に多いのがハムスター。

次に幼体のチンチラ、モルモット、デグー。

仔ウサギでも珍しくありません。




症状はぐったり動かない、発作など

尋常ではない症状が出ます。









これからの季節は注意が必要です。




P1230983.JPG










posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | Small Mammal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: