2019年12月03日

石はどこだ (12/3 ウサギ)

BUNNY GRASSです。







寒さのせいか顕著に急患が増えています。

小動物の中でも小さい種類、

デグー、ハムスター、フクロモモンガ、小鳥などは

低温にさらされることによって

命に関わる事態になることがあります。

哺乳類と鳥類は自分で体温調節するから・・・
(これは確かに事実ですけども)

などというのは過信しない方がいいでしょう。







さて、寒くなってくると

ちょっと増えてくるのが尿石症。

文字通り尿の通り道に石ができるのですが

どこにできているかを把握するのがとても重要。










結石.png





ウサギの結石での特徴はカルシウムが主体なので

ほぼ100%レントゲン検査で見つけることができます。

写真は膀胱結石。

ウサギの結石で最もよく見られるものです。

これは相当大きい例です。

膀胱結石は動物種や石の成分の種類によって

治療法がガラッと変わってきます。






posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: