2019年12月12日

キンギョだっておんなじです (12/12 金魚)

BUNNY GRASSです。








アロワナとか診察しているイメージがあるようですが
(もちろんそれも診ています)

当院に連れられてくる観賞魚は

一番多いのがキンギョです。






キンギョの病気もさまざまで、

当然に対処法も変わってきます。




P1120567.JPG




きんぎょすくいのキンギョ。

正式な品種は和金といいます。







よく知られているのが

白点病。

ミズカビ病。

尾腐れ病。

イカリムシ。

ウオジラミ。




このあたりが飼育書にも載っているとても多い病気ですね。

これらはいわゆる

「感染症」です。




ウサギならウサギ梅毒。

セキセイインコならメガバクテリア。

フェレットならジステンパー。

モルモットならカイセン。






このように細菌やカビ、ウイルスや寄生虫が

病気の原因となっているものです。





これらは観賞魚の場合は魚病薬が市販されていますから

自宅で治療に取り組むことが可能です。




しかし他の動物ならば

診断があってこそ治療法が出てくるのですから
(ウサギが食べない、とりあえずとにかく抗生剤  一様にこうはならないはずです)

慎重に進めていく必要があります。








P1120568.JPG




上述のキンギョはここが病気です。





posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | おさかな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: