2020年01月24日

難解な歯 (1/24 ウサギ)

BUNNY GRASSです。










ここのところウサギの難しい歯が続いています。





そもそも歯科疾患は毎日必ず遭遇するほど

発症数の多い疾患ですが

一例一例すべてが異なるため

治療法も苦慮することがあるのです。








これは麻酔をかけた状態でのぞいています。




P1250260.JPG





視界が狭い・・・・












P1250260 - コピー - コピー.JPG




今日はここに注目。






下あごの歯は通常内側へ、すなわちベロに向かって

伸びていきます。伸びすぎるとベロを傷つけてしまうのです。

そのベロ。



写真のように血管が非常に豊富です。

伸びた歯がここを切ってしまうと

当然大出血します。(さらには痛みが強い)

なので下顎臼歯が要注意と言われた場合は

定期的なチェックが望ましいです。









P1250260 - コピー.JPG




臼歯自体はばらつきが多くて難しい歯でした。

これはきっちり研磨すれば

良好なことが多いです。















posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: