2020年03月26日

パクーの仲間 (3/26 熱帯魚)

BUNNY GRASSです。











今日はかなりマニアックな話でも。








表題のパクーとはセルラサルムスの仲間の魚の総称で
(ピラニアはここに入らない)

草食性が強く混泳が可能なため水槽に

めちゃくちゃたくさん泳いでいるケースが多いのです。






が、小競り合いからの体表の傷に

病原体が侵入しやすいのかなと感じています。






というのは診療機会が多いのです。







P1130110.JPG






これは過去に持ち込まれたレッドフックメチニス。

体表が露出され、ミズカビという病気に侵されていました。

今はすっかり完治して待合の水槽にギラギラで泳いでいます。
(飼育放棄されてしまったんですよね・・・・)








そしてまた。






P1250942.JPG





同じ種類の魚ですね。

今頑張って隔離入院室で治療中です。




丈夫な魚ゆえに治療が遅れてしまうこともしばしば。

早めの対処で治癒率はぐっと上がります。






パクー愛好家のみなさん、

どうかご注意ください。





posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | おさかな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: