2020年07月09日

不正咬合であまり知られていないやつ (7/9 ウサギ)

BUNNY GRASSです。











毎日診る機会のあるウサギの不正咬合。





よだれとか食欲不振とか口をクチャクチャする(歯ぎしり)

などの症状が著名ですが

その主たる原因は






過剰に伸びた歯が口の中を傷つけている





ことから出てくる症状です。

痛かったり、気になったりしているわけですね。





ところが傷つけてるわけですから

ひどいとこうなってしまうことがあります。





P1230331.JPG








舌がザックリ切れて大出血。







これは緊急処置が必要になります。

小型のネザーだったりは出血量がときに危険な量に達します。









私が感じるに、

ネットや飼育書などでは病害をソフトに書きすぎではないかと思ってます。

不正咬合は本来とても怖い病気なのです。










P1140671 - コピー.JPG




posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: