2020年07月15日

口も痛くない (7/15 モルモット)

BUNNY GRASSです。









昨日はウサギの歯。

今日はモルモットです。




モルモットもウサギと同様に

前歯も奥歯(臼歯)も常に伸びています。

常生歯と呼ばれます。




ウサギでは伸びすぎた歯が

舌やほっぺの粘膜を傷つけることで

支障が出てしまいます。





モルモットではそうではないケースが多発します。












P1020746.JPG







モルモットの口をのぞいたところ。

これは下の歯が伸びすぎています。









P1020746 - コピー.JPG




こう。







伸びすぎた歯によって

赤線の舌が動かせなくなってしまうのです。

これによってモルモットは

「食べたいけれど食べることが出来ない」

状態になってしまいます。




治療は歯を削ることがまず第一ですが

遅れてしまうとあごの変形を発生させてしまうことがあります。

早期発見早期治療が推奨されます。








posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | Small Mammal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: