2020年07月26日

この歯はてごわい (7/26 チンチラ)

BUNNY GRASSです。









連休に入ってから重症例を診る機会も多くなっています。









チンチラは若齢では軟便に注意。

みるみる調子を崩すことがあります。

成体では定期的な歯のチェックはオススメします。




ウサギよりもずっとずっと口の開かないチンチラでは

不正咬合の治療が大変なのです。

これが進行してしまうとなおさら。












P1020853.JPG





麻酔下でめいいっぱい口を開けても視界はこの程度。













P1020853 - コピー.JPG









左右の高さがまるで異なります。

こういうケースではカッターでバチッと切るのではなくて

丁寧な研磨が必須となります。




チンチラは不正咬合からのよだれを原因とした皮膚炎が

ひどくなる傾向がありますので

早め早めのチェックが重要です。









posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | Small Mammal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: