2020年10月13日

むねのうち (10/13 ウサギ)

BUNNY GRASSです。










昨日とはうってかわって

外観からでは診断がつかない病気です。









胸腺腫.jpg






ウサギのレントゲンです。







心臓がでっかく見えます。

でも違う病気です。







胸腺腫 - コピー.jpg






ウサギは胸の中のスペースが元々とても狭い動物ですが

この病気によって空気が入るスペースがさらに小さくなっています。







これは胸腺腫。

ウサギでは決して珍しい病気ではありません。

呼吸スペースが少ないので

症状は呼吸困難、開口呼吸。

鼻の穴を大きく開けるなんて言う仕草も見られることがあります。

ただし初期では症状がありません。

健康診断で見つかるケースもたくさんあります。




非常に手ごわい病気として知られていますが

頑張っているコもたくさんいます。

治療方針をじっくり相談してください。

そして何より早期発見が重要。

この疾患に限っては自宅では気付かれにくいです。

定期的な健康診断をおススメします。





posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(1) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
去る10月11日に
ケヅメリクガメのピー助は
逝去致しました。
最後まで治療してくださって本当に
有り難うございました✨
この場を借りて感謝申し上げます。
Posted by マスコリョウコ at 2020年10月13日 21:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: