2020年10月22日

これからが当院ピーク (10/22 ウサギ)

BUNNY GRASSです。









例年暑い夏を終えると

ウサギの避妊手術の件数が増えてきます。

暑い夏に手術をできる限り避けたいと

秋口に希望されるケースが多いからです。

また、春に子ウサギで迎えた場合も

性成熟がピークになるので

やはり避妊手術を考えるという事もあるようです。








P1050380.JPG







当院は基本的に推奨しています。

子宮の病気が多いことは

広く知られるようになってきましたが

別の観点も。





例えば将来的になにか病気になったとします。

具合が悪い、血尿がある、食欲がない

ここではなんでもいいです、とにかく症状がある。

これらの場合、当然なんらかの病気を疑って

検査をしたりして病気を絞り込んでいきます。


さあ、ここ。



ここで避妊手術を若いうちに済ましていると

子宮や卵巣の疾患はまず、ないわけです。

こうなると病気の絞り込みがはやいのです。

結果として早期治療に繋がっていきます。




避妊手術にはこういった観点もあります。

そりゃそうだの内容なのですが

意外に盲点ではないでしょうか。






posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: