2022年04月22日

顕微鏡でのぞくと (4/22 ウサギ)

BUNNY GRASSです。






ウサギの血液検査って

なにも貧血の数字を見たりとか

腎臓や肝臓の機能を評価しているだけではありません。

顕微鏡でのぞくという

いわば血液の細胞の形態評価というものをしているのです。








偽好酸球ヘテロフィル.JPG







これがはっきり言って

とても難しいのです。






犬や猫や人と違いすぎる分野とも言えます。

わかっていることもあるのですが

犬猫の常識が当てはまらないことが多く、

非常に悩ましい・・・・




正常なウサギの血液を見ると

アレルギー?

寄生虫感染?

と思ってしまいそうな細胞が出てくる・・・



ややこしいですね。

でも獣医師国家試験には出題されるんですよ。

うっ滞や子宮疾患は出ないのに。



posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(1) | ウサギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
獣医師国家試験の問題興味深いです。
今年の看護師試験の問題は出題傾向がガラッと変わったため
過去問が全く役に立ちませんでしたが
私は過去問より教科書や参考書頼りで試験対策をしていたため
難を乗り切りましたが
一問目から
聞いたことも無いすっごいマイナーな地味な筋肉について問われた問題でした😂
45年間生きてきてそんな名前の筋肉を意識して体を動かしたこと
ありません😅ってくらい地味〜な筋肉でした
Posted by マスコリョウコ at 2022年04月22日 16:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: