2022年05月07日

なにがなんだか (5/7 ハリネズミ)

BUNNY GRASSです。






ウサギの子宮の病気は広く知られるようになってきたと実感します。

イメージよりも若いうちからも

症状が出にくい

ガンが多い

などなど。








これ、なんでしょう。




P4291047.JPG






これはハリネズミの子宮です。

原型が分からないほどに大きくなってしまっています。







ハリネズミの子宮疾患は

2歳くらいからでも珍しくなく、

急性の大量出血をともなうことが非常に多いです。

ウサギよりもずっと小さい動物ですから

出血による影響が

重度にかつすごいはやさでやってきます。

病院によっては予防的な避妊手術を推奨していることもあります。






posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | Small Mammal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: