2022年05月13日

この天気は怖い (5/13 日記)

BUNNY GRASSです。





先日は出張診療でした。

ここのところ爬虫類の診療が増えてきましたね。

イベントなどで迎えた後は

調子のチェックは重要です。

特に購入先が遠方になってしまうと

なかなかお店で聞くことができません。

(東京の即売会には関西のショップも出店していることが多いです
もちろん、その逆もあります)








しかし、こういう天気は本当にイヤです。






本当に急患が増えるからです。

気圧の関係、気温の変化、湿度の急上昇・・・

いろいろとファクターはあれど

それが真の原因になるのか

証明する方法がありません。

でも事実、体調を崩す動物が増えます。





食欲を中心にチェックをしていただきたいですが

特に警戒したいのが



斜頸を抱えている

てんかん薬投与中

もしくは発作歴がある
(ウサギ、チンチラ、コザクラインコなどが多いです)

産卵歴がある

今発情中

スナッフル治療中

熱帯性爬虫類




このあたりが特に注意したいところです。











posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人間もこの所の気候の変化にやられてる患者さんが多いです。
特に私の担当している患者さんでは呼吸器系疾患の方に
顕著に症状が現れてます。
他にも、精神疾患患者さん達も、この目まぐるしい天候の変化にやられてます。身体的な疾患ならばバイタルサインや数値などで現状を把握しやすいですが、精神疾患患者さんは数値では状態を表すことが出来ないので、コミュニケーションを取りながら
表情や言動、清潔保持を出来ているか、服薬をきちんとされているか、困っているけれど表出できないでいる不安は無いかなど
私達看護師側が五感を使って観察しながらケアを行っています。
自殺企図がある方などについては、細心の配慮をしながら援助をしていく必要があるため、難しいです
Posted by マスコリョウコ at 2022年05月20日 04:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: