2023年02月21日

痛がってるときは (2/21 鳥)

BUNNY GRASSです。













寒い時期にうんと増える病気。

大半の飼われている鳥は寒いの苦手ですから

そもそも体調を崩しやすいのですが

それでもこの時期に多く診察します。





P2160001.JPG






とりのあしです。








白いクリーム色のボコボコってしたものが見えますね。






これが病変です。




これは膿のようにも見えますが

痛風です。鳥にもあるのです。




風がふいても痛いのが痛風。文字通り。

寒さによって悪化することが知られています。

低温下だとよりいっそう尿酸結晶が析出されるのです。




痛いのは歩様にも顕著に現れます。

何とかしたいのはもちろんですが

人間と大きく異なる点が超重要。




鳥の痛風は腎不全を意味するのです。




なのでビールや魚卵を控えましょう

なんて悠長なことは言えず、

ただちに薬物治療に取り組まなくてはいけません。



posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: