2024年02月19日

この皮膚は (2/19 チンチラ)

BUNNY GRASSです。







引き続き皮膚病。

今度はチンチラです。








P1260458.JPG






チンチラの鼻先はじつのところ、ほっそいです。

つまむように触れます。





そして写真のケースでは顎下。

赤くはないですがガビガビっとしています。





これは皮膚糸状菌症。カビの仲間です。

ここで登場回数が多い病気なのは

それだけ頻繁に来院することと、病変部に違いがあるからです。

かゆみがさほど強くないことが多いので

進行してからでないと気付きにくいという

とてもやっかいな特徴があります。





ときどき質問されますが

塗り薬はチンチラでは禁じ手です。

被毛の保温能力を下げるだけでなく

チンチラが気にして自咬して大変なことになります。

同じ理由でハムスターやインコ、ブンチョウなどにも

基本的に使いません。

というより小動物全般であまり選択されません。

特にステロイドが含有されている塗り薬は

容易に安全な用量をオーバーしてしまう可能性がありますから

注意が必要です。







posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | Small Mammal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: