2024年04月10日

その血の出どころは (4/10 ハリネズミ)

BUNNY GRASSです。









出血をしたといって緊急来院するケースは

連日後を絶ちません。






あたりまえですが

どの動物においても出血が見られたのなら

出血部位の特定が大切です。

止める場所が分からないとどうにもなりません。




外側、つまり見た目でわかるのは

爪の損傷

鼻血

歯ぐきからの出血

体表の外傷

などが遭遇することの多い例ですが




見えない場所、つまり体内からの出血だと

緊急性が高まってしまうことがあるのです。








P1000281.JPG





これはハリネズミの飼育ケージで見つかったタオル。

ハリネズミの身体の大きさを考慮すると

相当な出血量です。





身体の中からの出血は

血尿

血便

そして圧倒的に多いのが子宮出血です。




この場合は緊急手術が適応となります。






P1000283.JPG





やはり大きく腫れてしまっていました。





posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | Small Mammal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: