2024年04月23日

ふくじんはこんなだ (4/23 フェレット)

BUNNY GRASSです。








フェレ飼いにはとてもとても有名な副腎疾患。

その実態は副腎から放出されるホルモンが

異常なほど多くなってしまって

身体のいろいろな場所に支障をきたす

というものです。







大きく治療は二つに分けられて、

一つは内科治療。薬です。

もう一つは外科治療。手術です。

治療方法はもちろん

かかりつけの獣医師としっかりと相談して頂きたいですが

メリットデメリットを知っておくことは大切です。



特に内科治療ではその時の侵襲は最小限ですが

副腎自体が大きくなっていったり

ガンだった場合の進行は抑えることができません。



外科手術は副腎がガンになっていても

まるごと取り除けるという大きな利点がありますが

高齢であったり他の病気も抱えていたりすると

手術リスクは高くなってしまいます。




ちなみに副腎は腫れていてもこんな大きさです。












P1000574.JPG








手術の写真。なんだかよく分からないですよね。

フェレットの内臓は細身の体に

コンパクトにギュッと収納されています。







P1000574 - コピー.JPG




矢印は大静脈。体の中で最も太い血管です。

ここが破れたら大惨事なので

その扱いはとても慎重にしなければなりません。




マルの中が副腎です。

ぼやっとしてますがそういうものなのです。




黄色い丸は私の指です。大きさがわかるでしょうか。




もともとがとても小さい臓器を摘出するのですから

本当に大変な手術なのです。






posted by BUNNY GRASS at 00:00| Comment(0) | フェレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: